« 雲の帽子をかぶった富士山だった | トップページ | くっきりした富士山が見えた »

2011/01/17

遠くからでも富士山が見える

空気が乾燥していて冬型の気圧配置になっていて、晴れているのは日本海から遠い関東平野と山梨県と静岡県東部というようなときは遠くから富士山が見える。しかも、前日に風が強く空気中の塵や埃が吹き払われている。

110117早起きして北関東の行ったことがないところへ行ってみた。この画像は栃木県佐野市から130km離れた富士山だ。富士山からの方位がいつもと同じなので、見えている形にそんなに違いはないがズームいっぱい(35mm換算で330mm)でもこれぐらいだからその差は歴然たるものがある。あちこちから富士山が見えたが、11時には霞んでしまった。

このあと桐生市内を少し観光したが、桐生市市民文化会館はおもしろい形をしていて、その4階の一部が展望ホールになっている。ここからの展望は市内を取り囲む山と遠くの赤城山などがきれいだが、掲載されていた展望写真によれば市内に富士山が2つあり、さらに御嶽山もあるのだ。

|

« 雲の帽子をかぶった富士山だった | トップページ | くっきりした富士山が見えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84729/50614232

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くからでも富士山が見える:

« 雲の帽子をかぶった富士山だった | トップページ | くっきりした富士山が見えた »