« 梅雨空にはこの花 | トップページ | 雲が低くて見えない富士山 »

2009/06/17

裾の雪は減って山頂の雪は増えた

09061717日は7時過ぎから雲がとれはじめて8時には富士山が見えるようになった。そうなると下界の日差しは夏のもので、朝でも日差しだけは暑い。富士山はどうなっていたかというと裾のほうの雪が減って夏姿になってきたが、山頂のほうは前に見えたときよりも雪が増えたようだ。上空に寒気が入ったから外科医は雨でも富士山では雪だったのだろう。昨年は7月1日に山頂付近に雪が多く8合目以上が通行止めになったが、昨年のこの時期よりも雪が多いように見えた。

|

« 梅雨空にはこの花 | トップページ | 雲が低くて見えない富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84729/45370402

この記事へのトラックバック一覧です: 裾の雪は減って山頂の雪は増えた:

« 梅雨空にはこの花 | トップページ | 雲が低くて見えない富士山 »